忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214]
10/19 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うちはガイの方が使い勝手が良くて好きです。
テイルズ主人公の歴代の、わりと好きだった技を良く覚えるからというのもあるとは思うんですが。


タルタロス脱出直後~







タルタロスからちょっと離れたところで、ダアト式符術を使ったらしいイオンが座り込んでしまい、休憩することに。
おんぶでもしてもうちょっと安全な場所まで逃げるという選択肢はないらしいです。
休憩がてらガイに事情を説明し、自己紹介して握手なんかするんですが。
ティアが近づいた瞬間に引きつるガイ。
ガイの女性恐怖症炸裂。(女嫌いは激しく間違いだと思う)
酷い怯えようのガイにため息付くティア。
そんなところで神託の盾兵士に見つかってしまいます。

マップに移って本当にすぐにイベント発生したので操作をガイに切り替え損ねました。
そのせいで、『3人とも自分で切り捨てちゃう』ルーク。
戦闘終了後の「もう嫌だ……」という台詞が突き刺さります。
ご、ごめんよルーク。

しかし止めをを刺せないルークは反撃され、庇ったティアが怪我を負います。
深手を負った(んだと思う)ティアを気遣ってその場で野営する一行。
……だから、ここ安全じゃないんだってば。

幸いにして襲われずに一夜を過ごし、翌朝。
ガイもいるからルークはイオン様と一緒に守られてるといいよと言われ、愕然とするルーク。
オレも戦うと言いつのるルークに、なんだか異常に至近距離で無理するなと詰め寄るティア。
気遣うガイ。
それでもルークは戦うと言い張り、戦闘メンバーに入りました。



ここでかねてから気になっていた疑問を解消するために、都合上目前に見えているセントビナーを無視してエンゲーブヘ。
この後に出てくる「エンゲーブとカイツールの兵は撤退させるよ」という台詞が気になっていたのです。
どんな風に封鎖されてるのかな~と思ったのですが……。
普通にのどかなエンゲーブ。
入れるし、買い物も出来ます。
兵士なんて一人もいません。
……あれれ?

まあ、気を取り直してセントビナーへ。
ここでアニスと落ち合う約束だったのですが、手紙によれば次の合流地点カイツールへ移動するとのこと。
ジェイドをやたら可愛がる老マクガヴァンと、ジェイドをもの凄く敵視しているグレン・マクガヴァン将軍。
まあ、自分を訪ねておきながら老マクガヴァンとばっかり話してるのもムカツクんでしょうが、とても一方的にライバル視してる感じです。
才能がある上に陛下の幼なじみとくれば気にならない訳がないでしょうが。

カイツールへ行こう、ということで装備と薬品を買い込み、神託の盾が見張ってるけど唯一の出口、街入り口へ。
六神将が集まってるのを見てあわてて隠れて盗み聞き。
シンク登場~。
シンク可愛いよシンク。
初回にゲーム進めてた時には、この時点ではナニこの仮面って思ってたハズなんですが……どこでシンク狂いになったんだっけ?

とにかく、カイツールで待ち伏せようと軍を連れて去って行く六神将。
じゃあ行こうかと街の入り口へ歩き出したところ、今度は休ませてくれないかと申し出るイオン様。
うん、いいけどもっと早く言おうね?イオン様。

セフィロトという単語が出て、ジェイドが伏線を呟いたところで宿屋イベント終了。
ソイルの木のイベントがいつ起こるのか分からないけど、とりあえずチーグルの森に寄り道しようかな~と思いつつ、次はフーブラス川攻略の予定です。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報