忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [20] [19] [17] [16] [14]
11/22 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ねーねー。ここんとこ移動続きだし、たまには一泊しようよぅ」
 シェリダンで最終調整中の作戦を間近に控えた、ある日のこと。
 たまたま食料を買い足しに立ち寄ったケテルブルクホテル二階の食材店で、贈答品のディスプレイに張り付いていたアニスが皆を呼び止めそう言った。

「まあ、貴方がそんなことおっしゃるなんて珍しいですわね。具合でもお悪いの?」
「いや、そう言うわけじゃなくてぇ。イオン様も疲れてるだろうな~って。ね、イオン様?」
 頬に手を添え天然気味の問いかけをするナタリアに、端切れの悪い言い訳を返す。
「いえ、僕は別に……」
「つ・か・れ・ま・し・た、よねっ!」
「えっと……まあその、ちょっとだけ……」
 何時にない気迫ぶりに、慎み深く視線を逸らし言葉を濁す導師様。
 普段は任務と我を混同させない彼女のこと。
 時間的余裕を計算に入れての我が儘なら、そこまで強く否定する理由は彼にはない。

「ほ~ら、イオン様もそう言ってることだし。いいでしょ~?」
「良くないわ。世界の命運が掛かってるのよ」
 上司までダシに使うアニスの態度を、腰に手を当て窘めるのは真面目で融通の利かないティア。
「まあまあ、たまには良いじゃありませんか。あまり気ばかり焦っても良い結果は生みませんし。貴方もそう思いますよね? ガイ?」
 この場の仲裁に立ったのは、普段は決して揉め事に介入しないジェイド大佐。

「ん? ああ、そうだな。こういう時こそ、ゆとりが必要なんじゃないか?」
 ちらちらと店先を盗み見るアニスの視線と大佐の目配せに、事情を察したガイも援護にまわる。
 一行の良心でもあるガイに取りなされては、それ以上反論出来ず。

「ま、良いんじゃね? 明日朝一番にシェリダンに向かうってことで、今日は一日のんびりしようぜ」
 皆のリーダー役と化しているルークの意見を持って、アニスの主張は見事に通ったのだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報