忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[25] [24] [23] [22] [20] [19] [17] [16] [14] [13] [12]
10/19 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「む……やはりルシオか」
「えーっ!! あの稼ぎ頭を送っちゃうわけ!?」
 びっしりと書き込まれた帳面をめくるヴァルキリーの呟きにメルティーナが抗議の声を上げた。

「仕方があるまい。今回の要求に適いそうな人材は他に居ないのだから」
「少しくらい違っててもいいじゃない。こっちの戦力が減ったら、戦力そのものが送れなくなるんだからさ」
「まあ、それはそうなのだが」
 渋面を浮かべたまま帳面を閉じると、ヴァルキリーは手持ちの人材をちらりと見、疲れたような溜息を零した。

「能力的にはアリューゼが最も適任なのだが……アレはフレイにダメ出しを喰らっているからな」
「ダメ出しとか言うなよ」
 ヴァルキリーの呟きに抗議の声を上げたのは、ダメ出しを喰らった当の本人。
「全く、んなこと言ってると取ってきた秘蔵の名剣やらねぇぞ」
「それは困る。ドラゴン族限定だが一振りで致命傷を負わせるという名剣だろう。人の手に成るもの故壊れやすいが、威力に関しては神の業をも凌ぐからな。素晴らしい財産だ」

 大層生真面目な表情で頂戴の手を出すヴァルキリー。
 アリューゼは少しばかり呆れながらも秘蔵の剣を渡してやった。
 そこへ金髪をなびかせた少女が駆けつけてきた。
「アリューゼはヴァルキリーの戦力になっておるのだから、天界へ送る必要は無かろう。地上の不死者を狩るヴァルキリーにだって戦力は必要なのじゃからのう」
「とか何とか言っちゃって。本当は一緒に居たいだけでしょう?」
「う゛……まあ、その通りじゃ。わらわの盾が居なくなっては困るからの」
「おい、誰が誰の盾だって?」
「お主が、わらわの盾なのじゃ。無学者とはいえ、それくらいは理解いたせ」
「んだとぉ!?」

 そのまま口喧嘩に発展してしまった姫と野獣コンビを無視し、話を進めるヴァルキリーとメルティーナ。
「前回ロウファを送るべきではなかったな。まさかここで戦士を募るとは思いもよらなかった」
「ねえ、今回の〆切までに適当なヤツ見つければいいんじゃないの? ルシオが居なくなるのはヤバイって」
「うむ、しかし今からスカウトして育成が間に合うだろうか……」
「やるだけやってみればいいじゃない。ダメなら、その時にはルシオを送るってことでさ」
「そうだな。ではそのセンで行こう」

 その頃、当のルシオ本人は嫌な予感にゾクリと身震いしていたり。
「どうかしたの? ルシオ」
「いや、ちょっと悪寒がしたような……」
「風邪?」
「……死んでも風邪引くのかな」
「さあ?」

 そんなこんなで、今日もヴァルキリーはどこかの地へと勇者の魂を救済しに赴くのだ。
 頑張れレナス。負けるなレナス。
 多分Aエンディングは無理だと思うけどね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報