忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[20] [19] [17] [16] [14] [13] [12] [11] [10] [8] [7]
11/22 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 アルマの失意を余所に、本人の意志抜きでの話し合いは続く。
「自称人間らしいけれど。あなた人間嫌いじゃなかったかしら」
「人間になりたがる猫なんてステキじゃないかぁい?」
「いや、なりたがってるんでなくて、生まれた時から人間っす」
 半ば呆れ顔でお茶のお代わりを注ぐガーベラ。
 覆面で表情が読めず、本気なのか冗談なのか全く分からないイオン。
 入り口に突っ立ったまま、一応ツッコミを入れてみるアルマ。
 話し合いは思いっきり平行線をたどっていた。

「ネズミを捕らない猫なら、ボクの可愛いネズミ達を怖がらせる心配もないしね」
「それで、キミは今まで猫を飼わなかったのね」
「そうさぁ。彼らはボクの親友だからね」
 ティーカップに口を付けつつ上目遣いにアルマを見るガーベラ。
 優雅な手つきでカップを置くと、口元にイタズラっぽい笑みを浮かべてみせた。
「〈指揮者〉はこう言っているけれど。ねえ、キミはネズミが捕れるのかしら」
「……はぁ?」

 ふたりで組んでバカにしてるんだろうか、とアルマは思った。
 だって、あまりにも話の展開がおかしすぎる。
 そもそもあの時、宝石店の壁に張り付いていた忍者風の兄さんに、確かにこう言ったのだ。
『オイラをカッコイイ悪党にして下さいっ』と。
 そして、彼を見下ろす忍装束の男――〈指揮者〉ことイオンは彼をしげしげと見つめた後こう言った。
『まあいいんじゃないかぁい。問題は飼ってもらえるかどうかだけどねぇ』
(……あれ?)

「ほらね。ネズミと一緒でも大丈夫さぁ」
「ネズミも捕れない猫なんて、ただ可愛いだけのお飾りじゃない」
 なおもアルマ本人を無視して続く話し合いの中、彼はイオンとの出会いの情景を必死に思い起こしていた。
『飼ってもらえるかどうかだけどねぇ』
 あの言葉を聞いた時、アルマは“子飼い”とか“雇う”の蔑称とかそういった意味合いだと勝手に解釈していたのだが。

(もしかして、ほんっとーに言葉通りだったっすか?)
 イオンの顔をちらりと見てみると、覆面から覗く顔の上半分は未だ無表情を保っている。
 ガーベラの反論を前に眉ひとつ動かさない男を見ながら、アルマは今更ながらに後悔した。
(……マジっす。あの目はきっとマジっすよ。オイラの夢は、夢半ばどころか飛び立つ瞬間儚く散るんすか?)
 戸口の木枠にしがみつきながら、声を掛ける人選を思いっきりミスしたことを、彼は今更ながらに後悔した。
 だーーっと思い切り涙したい心境だった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報