忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144]
05/24 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 “謎”の称号。




「ぷっはー! これのために生きてますなあ!」

 甲高い子供の声で発せられた何とも親父チックな台詞が、閑静な神社の境内に染み渡る。
 神社隅のベンチに座り、モロナミンを見事に一気飲みした舞子は、満足げな笑みを浮かべて膝に乗せたたこ焼きを頬張った。
 ちなみに舞子曰く、個人情報保護法によりフルネーム及び住所は教えられないとのことである。



「舞子の大好物ばーっかり! 嬉しいなっ」
 隣で単語帳を眺めていた凍夜は、子供らしいはしゃぎぶりにふと口元を緩めた。
「そっか。でも、モロナミンってこの辺じゃ売ってないんだよね」
「そうなんだよね~。お兄ちゃん、どこで買ってきたの?」


「寮。入寮した日に、自販機でね」


 その言葉に、たこ焼きをつつく手がピタリと止まった。

「……お兄ちゃん、いつこの街に来たって言ってたっけ?」
「四月の六日……七日になるのかな。深夜だったし」
「今日は……」
「五月だね」

 舞子の視線が、ゆっくりと瓶に落ちる。
 先程一気飲みしたモロナミンは、底に数滴残っている程度。
 残りは、勿論舞子本人の胃袋の中である。
 衝撃の事実に蒼白になる舞子の耳に、更に追い打ちの発言が聞こえてきた。

「ちなみに、たこやきは初めて店の前を通りがかった日に買ったんだけど、消費期限どうなってるんだろうね」
「…………」
 通学路に存在するたこ焼き屋の前を“初めて通りがかった日”といったら……。

「あ、たこ焼き冷めてる? アギで温めようか」
 一般人にアギとか言うなとか、アギだと炭になるからとか、ツッコミどころは多々あるが。
 今は……。

「お兄ちゃん。ひとにモノをあげる時は、もうちょっと気を使おうよ」
「ああ、そっか。そうだね」

 小学生にモラルを指摘される高校生。
 こんな状況下でありながら、何故かコミュはきちんと発生したらしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報