忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146]
11/22 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の利益になりうる事ならば、出費を惜しまない男。




「あ、お帰りー」
「ただいま」

 凍夜がいつものように寄り道して帰ってくると、ラウンジには真田を除いた三人が揃っていた。
 玄関に背を向けて座っていた伊織は、貸し出す約束をしていた雑誌に手を伸ばし、肩越しに振り向いた。

「真田先輩は病院寄ってくるってさ。遅かったけど、夕飯どしたん?」
「わかつで食べて来ちゃった。ついでに神社寄って来たんだ」
「マメだなー。オヒャクドマイリとか、そんなん?」
「そんなとこかな」
 伊織から雑誌を受け取り、パラパラとページをめくる。

「私、友達のトコで試験勉強やるから、今夜はタルタロスパスね」
「僕も行くトコあるから良いよ。そういうわけですから、今日も探索無しでお願いします」
「了解した。勉学は学生の本分だからな。しっかり励めよ」
 単語帳から顔を上げたゆかりに頷き返すと、美鶴へ報告を入れる。
 試験週間中に無理強いするつもりは無いらしく、美鶴はあっさりと了承した。


「で? ドコ行くんだ? この時間じゃ交番も閉まってるぜ」
「シャガールでコーヒーでも飲んで、のんびり復習でもやるつもり。やっぱり店のコーヒーの方が効くんだよね」
「ふ、ふーん……」
「じゃ、僕カバン置いてくるから」

 言い終わる前にさっさと身を翻した凍夜の背中を、呆然と見送る伊織。
「彼、帰ってからも遅くまで自習しているらしいぞ。伊織も少しは見習うべきだな」
「順平、ホントにやっといた方が良いよ? 月高のレベル、いい加減身に染みてるでしょ」
「わーってるって。その……これ読み終わったらやるからさ」
「どーだか」


 女子二人の集中砲火を受け、しどろもどろに言い訳する。
 これ以上小言を言われる前にと自室へ撤退しつつ、伊織は一歩的にライバル視している隣人の事を考えていた。
「……まあ、勉強とか? 行動派なトコは、認めないでも無いケドさ。でも、図書室で自習じゃなくて優雅に外食ってどうよ?」


 神社とわかつと深夜の勉強。
 凍夜の必殺三点セットの真の威力を、伊織は知らない。


「やーっぱ、ナットクいかねぇ」
 不満げに唸りながら部屋に入る伊織と入れ違いに、凍夜は階下へ降りていった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
自室などを行動し
自室などを行動したかったの♪
BlogPetのみう URL 2006/11/15(Wed)12:38:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報