忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
10/19 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 誰か、誰かツッコミ入れてあげて下さい。




「りぬーあるおーぷん……」

 巖戸台駅前商店街。
 普段はあまり通らない駅前左手の一角で、凍夜はふと目に入った看板の前で足を止めた。
「古本屋かぁ」
 こぢんまりとした店先を眺めると、彼は店に入っていった。



「……いらっしゃい」
 天井までの本棚に囲まれた狭い店内には先客はなく、店主らしき老夫婦が居るばかり。
 奥で整理をしていた老婦人が振り向くのと同時に、カウンターでうたた寝していた主人が顔を上げた。

「何を握ろうかの? 今日は活きのいいシメサバが……」
「……うちじゃ、お寿司は出せませんよ」
 ぽけぽけした主人の言葉にやんわりとツッコミが入る。
 凍夜は本棚の前に置いてあった踏み台をカウンターの前に持ってくると、椅子代わりに座り込んだ。

「シメサバも良いけど、まずはアジからかな。それと卵」
 主人はキョトンとした表情で凍夜を見下ろすと、ほんの少し身を乗り出した。
「お前さん……通じゃの」
「それほどでも」

 じぃーっと見つめてくる主人の視線を平然と受け止める。
 主人の後ろで二人の様子を見ていた婦人が店の奥に消えて暫く後、店主はにやりと笑んでみせた。

「生憎アジは無いがの、おいなりさんは好きかいの?」
「長鳴神社のおきつね様は、わりと。ここのところ、お世話になりっぱなしだし」
「そうかそうか。あのきつねさんは、愛想が良いからのう」
 続くボケに気をよくした主人が、頬杖付いて人の良い笑みを浮かべる。
 そこへお盆を手にした婦人が戻ってきた。

「はい、お待たせ。お昼の残りですけどね。あがりもいかが?」
 カウンターの上に置かれた皿には、手作りらしきいなり寿司が行儀良く乗っている。
「遠慮せずに食べるがええよ。年寄り二人ばっかりじゃ、ちょびっとしか食べられんからの」
「多めに作る方が美味しく出来るんですけどねぇ、ご近所にお裾分けしてもまだ残っちゃって。良かったらどうぞ」
「……では、遠慮無く。いただきます」
 凍夜は二人ににこりと笑み返し、箸を取った。

「この辺通るっちゅうことは、月高の学生さんかの?」
「そうです。今日は参考書でも無いかと思って来たんですけど」
「あらまあ、去年の卒業生さんの分なら、この辺にあったと思うけどねぇ」



 三人でお茶を飲みつつ、まったりと時間を過ごす。
 文吉光子夫妻に余程気に入られたものか、法王のコミュは一気にランクアップしたという。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
老夫婦を遠慮しな
老夫婦を遠慮しなかったの?
BlogPetのみう URL 2006/11/07(Tue)12:08:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報