忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138]
10/19 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実際どういう意味なんでしょうか、あの名称。




「岳羽、後で古語辞典貸してくれる? ……あれ?」
 トースト片手にテレビのリモコンをいじっていた凍夜は、訝しげな顔をして腕時計へ目を落とした。

『――定を変更しまして、臨時ニュースをお伝えします』
「えーっ、フェザーマンR楽しみにしてたのにぃ」

 凍夜の声にゆかりがジャムを塗る手を止めて顔を上げると、日曜朝にはあまり観ない生真面目そうなキャスターが映っていた。
 キャスターの声に合わせて切り替わった現地映像は、紛れもなく月高の最寄り駅――辰巳ポートアイランド駅。
 あからさまにガッカリしている凍夜をよそに、ゆかりはテレビを凝視した。



『昨日、新都市交通“あねはづる”の最終電車が停止信号を無視してオーバーランしました。今日は早朝から警察と事故調査員会による現場検証が……』

「ふぅん、アレって最終だったんだ。巖戸台行きはもう一本残ってて良かったよね」
「影時間が明ける前に駅に着いてるくらいじゃないと、結構ヤバイんだね」
 普段タルタロス帰りに使っているモノレールが、巖戸台行きの最終便なのだろう。
 トーストを口に運びながら、歩きはやだなぁと漏らすゆかりに、クスリと微かな笑みが返る。

「一応、タクシーとかあるけどね」
「でも高いじゃない。タルタロスで稼いだお金がタクシー代に消えてたら、それこそ本末転倒な感じ」
「装備品も高いからね。まあ、実践兵器だって事を考えると安いくらいなんだろうけど」

 タクシー運転手の知り合いも居るけど、深夜に顔合わせたら怒られちゃうかなぁとぼやく凍夜。
 どういう筋の知り合いなのか興味が湧いたが、立ち入った話を聞くのも悪いかと考え、ゆかりはテレビ画面へ視線を戻した。



『事故調査委員会では、運転手の過失と見て詳しく事情を聞く方針です。新都市交通は会見を開き、安全性の見直しと再発防止に努めるとのコメントを……』

「運転手の人、可哀相。冤罪で減俸とか言われるのかな」
「港区開発関連って、桐条エレクトロニクスが出資してるんだよね」

 凍夜の呟きに、あぁそうかと返す。
 桐条グループは影時間の事を認識している訳だから、美鶴経由で総帥から手を回して貰えば万事上手く収まるわけだ。

「じゃあ、アレだね。よくテレビでやってる揉み消しとか……」
「よっぽど鶴が好きなんだね」
「…………ハイ?」

 ナニが鶴? そう返そうとした時、淡々と続けるキャスターの言葉がゆかりの耳に飛びこんできた。

『なお現在、モノレール“あねはづる”は平常通り、運行……』


――モノレール“あねはづる”は平常通り……。


「つる……?」
「うん、鶴。港区なんだから別にウミネコでも何でも良いのにね。桐条先輩のお父さん、そんなに鶴が好きなのかぁ」
「……そうだね」



 どうしてよりによってそんな名前を付けるのか、新都市交通。
 ヒトの穏やかな朝の風景を返せ、桐条エレクトロニクス。
 むしろ謝れ、桐条総帥。

 ジャムトーストをかじりつつ、ゆかりは内心で目一杯毒付いた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きょうみうがさく
きょうみうがさくらが認識するはずだった。
じゃあ港で話したかった。
BlogPetのみう URL 2006/10/20(Fri)13:59:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報