忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136]
12/12 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 オチは一体何処に……。
 強いて言うなら、勉強しろよって感じ。




 モノレール戦翌日。

 日曜ということもあってのんびりと寝過ごしたゆかりがラウンジに降りると、壁際のソファーには既に先客が朝食の準備を進めていた。
 テーブルには、食パンを掛けたトースターとコーヒーポットが置かれている。

「おはよう岳羽、よく眠れた?」
「おはよ。早いね、凍夜君」
「そう? 僕的にはゆっくりな方なんだけど」

 折角だからと朝食に誘われ自分のマグカップを取りに向かう背後に、軽快な金属音と香ばしい香り。
「砂糖要るなら取っといでね」
「うん、分かった」

 これが家族辺りなら、穏やかな朝の風景。
 そこに居るのは同い年の男子だというのに、不思議と違和感が湧かない。


 人懐こいワケでもなく、愛想が良いワケでもない。
 むしろ、外では滅多に笑わない。
 その割には孤立もせず案外と交友関係が広かったりするのだから、イイ生活送ってるよなと思う。





「今日はどっか行くの?」
「ううん。疲れ残ってるし、洗濯したら部屋に戻ろうかな」
「中間近いもんね」
「ううん。“時価ネットたなか”観てから、Y子とチャットする予定」

 コーヒー美味しいなぁとか思いつつ、テレビを観る振りをして視線を逸らす。
 ここは、洗濯と通販とネトゲの何処にツッコミ入れるべきなんだろう。
 ツッコミ手が足りない。
 でも、この空間を順平辺りにぶち壊されるのも、なんだかムカツク。

「さってと、フェザーマンR始まっちゃうや」
 ゆかりの内心のもやもやをよそに、マイペースにテレビのチャンネルを回す凍夜。
 コーヒーのおかわりに砂糖を入れながら、ゆかりはイロイロと翻弄されている自分に苛立ちを覚えていた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報