忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184]
11/22 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「凍夜っていつも楽しそうだよな」


 何気ない会話の中に、時折顔を出す言葉。
 それはとても当たり前のことで、その都度当たり前の返答を返していた。
 否定も肯定もせず、曖昧に。かつ、この話題が先へ続かないように。
 しかし。

「……そう、見える?」

 高一も残り一週間を切ったその日。
 彼は薄い笑みを浮かべて顔を上げた。






 おそらく予想外だったのだろう返答に、きょとんと見返すクラスメイト。
 その表情に、凍夜はほんの少し口の端を持ち上げた。

「だって……いっつもニコニコしてんじゃん、お前」
「別に、楽しい時だけ笑ってる訳じゃないよ?」
「え……」

 戸惑い、少しばかり表情を硬くしたクラスメイトの様子を、凍夜はやけに冷めた感覚で興味深く見つめていた。
 関係を繕う必要性が無くなった故か、繕うことさえ面倒になったのか。
 彼自身、自分の動機を測りかねていた。


「だってさ、ムッツリしてるヤツより、にこにこしてるヤツの方が楽だろ? 一緒に居るの」

 そう言ってにこにこと笑む。
 いつものように。

「人間関係の雲行きとかさ、図るのめんどくさいから。だから適当に誤魔化してたんだけど。分からないものだよね、案外」


 口を閉ざしたクラスメイトに言うだけ言って席を立つ。
 昼休みの次は移動教室だ。のんびり行きたいなら予鈴少し前に教室を出ないといけない、別棟の端の。
 薄い教科書一冊片手に席を離れた彼の背に、遠慮がちな声が掛かった。

「なあ……なんで、今更言うんだ?」
「さあ」

 振り向いた先には、すがるような目をしたクラスメイトが立っていた。
 それは凍夜にしては予想外で、瞬間口元の笑みが失せた。
 瞬き程の間でしかなかったが。

「来学期から転校するんだ。そのせいかな。たいした意味は無いと思うけど」
「っんで、もっと早く言ってくれれば……」


 何処か痛みを伴う彼の声に、凍夜は柔らかな笑みを浮かべ、踵を返した。





(そうかな……)
 薄い教科書を小脇に抱え、廊下を一人、ひなたぼっこしながらのんびり歩く。
 窓越しにまだ枝ばかりを晒している桜並木を見下ろし、口にしなかった言葉を考えていた。
(カミングアウトしたって、何も変わらなかったと思うけど。……ここでは)
 凍夜自身、自分を変える気など無かったのだから。

(でも……)

 立ち止まり、真昼の空を見上げる。
 まだ肌寒い春の空は一面、すっきりと優しげな青色に彩られている。
(月が、昇る気がする)
 何も変わらなかった日常に、変化が起こるような気がする。
 月が満ち欠けするように。



 校舎内に木霊する予鈴に操られるように、一番端の特別教室へ向けて歩き出す。
 彼の視界の端を、春の空と同じ色した蝶が過ぎったような気が……した。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報