忍者ブログ
This blog is Written by 佐倉透湖,Template by ねんまく,Photo by JOURNEY WITHIN,Powered by 忍者ブログ.
突発やプレイ日記を書き逃げする雑記帳。 未完結品多し。 ネタバレ満載警報発令中~。
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123]
06/20 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 覚醒シーンの時は、イオ出てこないんですよね。
 覚醒前だから?
 冒頭にゆかりの弓シーンがあったんですけど、長いので削除~。
 バランス、難しいデス。




 本日幾度目の戦闘だろうか。
 凍夜は新たに行く手を阻む敵と、味方の戦力と薬の残りとを計算しながら戦況を見つめていた。

「見てろよ、俺の大・活・躍!」
 勢いよくトリガーを引くと同時に具現したヘルメスが、翼のような突起を広げ標的へ飛び掛かる。

「残りふたーつ!」
 召喚器を振り上げてハシャグ伊織を視界の端に納め、続くシャドウの反撃を半歩で避けながら、残りの戦力を再試算。
(喚びすぎでいい加減頭痛いしここは剣攻撃で行くとして、僕と岳羽で一体オトせれば……あれ?)

「岳羽……ペルソナどんなの?」
「……」

 ギクリ、とゆかりの肩が震えたのを、凍夜が見逃すはずは無かった。
 気温を下げるような声が、ゆかりに向かって吹き付ける。

「岳羽、ここに来てから使ってないよね? 一回も」
「……」



 そう。
 屋上で小竜巻を見ていたせいか、うっかり失念していたのだ。
 タルタロスに入って以降、ゆかりが一度もペルソナを召喚していないという事実を。

「真田先輩に、何か言われてたよね。で、岳羽『大丈夫』って答えてたよね。……コイツ、弓でオトせるならそれでも良いけど」
 凍えるような視線をゆかりへ向けつつ、足元で串刺しになっているシャドウを顎で示す。

 ……お怒りモードだ。
 ゆかりはイロイロな恐怖に震える心を叱咤して、腿のガンベルトから召喚器を引き抜いた。

 怖い。
 てか、そりゃ怖いに決まってる。
 目前の化け物も、自分に銃口向けるなんてイカれた行為も、お怒りモードの我らが作戦リーダー様も。
 しかし、三種類の恐怖には密接な繋がりがあって……要するに召喚さえ出来れば、他二つも芋づる式に解決するのである。


 ……ならば。


「そうよ、怖がってなんていられない!」
 ゆかりは両手で召喚器を握りしめ、自分の額に向かってトリガーを引いた。

 力一杯――





 目を瞑って。





「おぅわあっ!?」
 目標を決めずに打ち出された小竜巻は、見事に伊織の足を掬い上げた。
 疾風に弱いヘルメスの特性を共にしている伊織は、堪えきれずものの見事にすっころぶ。

「いって、何すんだ……てそれどころじゃ、うわっ!」
 体勢を崩したままでは襲いかかるシャドウの攻撃を避けられず、伊織はあっという間に黒い塊に飲み込まれた。
 シャドウの下でバタバタと藻掻く伊織の腕をちらりと見、凍夜は溜息一つ付いて召喚器を引き抜いた。

「岳羽、次からは視認してね。あと、伊織の回復ヨロシク」
「う……うん。ゴメン、つい……」
「ちゃんとペルソナ喚べたし、僕じゃ無かったからイイや」
 どうやら戦闘モードに戻ったらしいリーダーが次々とシャドウを火だるまにしていく様を見つめ、ゆかりは安堵の溜息を付いた。

「あ、アチ、アッチ! お前、オレまで一緒に焼いてんじゃねぇよ!!」
「総攻撃いくよー」
「て、スルーかよ!」
 伊織の声は総攻撃の騒音に呑まれ、二人の耳には届かなかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
かうんたー
凍夜君
ぺっと。
クリックすると喋りますよ?
<背景画像> ブルー・クレセンティア様
はくしゅ
お気軽にどぞ♪
中身:アビス SS,P3 SS,オリイラスト。
めるふぉ
ゆるげー。
自動生成ツールの破天荒アドベンチャー?
息抜きにどぞ~♪
お天気情報